過酸化皮脂を増やさないメイク術を考えてみた!

皆さんは、過酸化脂質のことを知っていますか?
過酸化脂質とは、肌の内部で皮脂が酸化して出来る物で、
ニキビや肌荒れの原因にもなると言われています。
また、この過酸化脂質は、肌の真皮内のコラーゲンを破壊するのでシミやシワなどの老化にも繋がります。

近年は、紫外線や排気ガスなどが影響して、
抗酸化物質が減少しているため、皮脂が過酸化物質に変わりやすいのです。
過酸化脂質は、外に出かけた時に紫外線を長い時間浴びると発生しやすいそうです。
これを光老化とも呼ぶみたいですね。

なので、過酸化物質を増やさないようにするためには、
皮脂の分泌を抑えるようにして、紫外線予防をしなければなりません。

女性はメイクをした場合は、皮脂の分泌がどうしても多くなってしまうので、
収れん化粧水を使ったり、皮脂の分泌を抑える効果がある化粧下地を使うと良いと思います。
皮脂の分泌量が減ると、日中にメイク直しをする回数がかなり少なくなるでしょう。

また紫外線を予防するためにUVケアも忘れないようにしましょう。

それから、日中にメイク直しをするときは、
崩れている部分を化粧水で拭きとってから行うようにしてください。
すでに酸化している皮脂を拭き取らないで、ファンデーションを重ね塗りすると、
皮脂が毛穴内に詰まってしまうので良くありません。

日常生活において、皮脂の分泌や紫外線は、
どうしても逃れられない問題なので、
このように過酸化皮脂を増やさないメイク術などをうまく取り入れていくようにしてはいかがでしょうか。

 

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>