紫外線のUV-A波とB波、紫外線と肌の関係

紫外線とは、太陽から地球に届く太陽光線の事で、
主にUVA波、UVB波、UVC波の3つがあります。

UVA波は、波長が強いので一番地球に到達しやすく、
しかも肌の表皮の奥の真皮まで影響を与えます。

UVA波は肌の内部のコラーゲンを壊して、
活性酸素を発生させたり、皮膚の免疫力を引き下げます。
老化の原因にもなって、シミ、シワ、たるみなどを引き起こすと言われていますが、
紫外線は蓄積されるためトラブルが現れるのは、ずっと後になってからでしょう。

UVA波は、窓ガラスやカーテンを通過するので、
屋内にいても紫外線のダメージを受けてしまうみたいです。
しかもUVA波は雲も通過してしまうので、太陽が出ていない曇りの日でも、多く降り注がれているそうです。

一方、UVB波はメラニンを刺激して、主に日焼けの原因となるものです。
UVA波と違って雲やガラスなどで遮断できるので、
屋内にいれば紫外線の影響は受けません。
屋外にいても、衣類や帽子などでガードしていると安心しても良いでしょう。
このようなUVB波ですが、恐ろしいことに皮膚がんや白内障になる可能性もあって、
有毒性が高いそうなので、気をつけた方が良いと思います。

なおUVC波は、オゾン層に吸収されて地球まで届かないとされていたのですが、
近年はオゾン層が破壊されつつあるので危惧されているそうです。

これらの紫外線からお肌を守るには、UVカットと表示されている上着を羽織ったり、日傘や帽子、PA値が高い日焼け止めクリームなどを使用する必要があります。

UVB波は8月がピークなのに対して、
UVA波は1年を通じてあまり変化がないようです。
紫外線は目に見える物ではないので、
ケアを怠らないように注意した方が良いでしょう。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>