じんましんはなぜ発生する!?発生メカニズムと対処法

じんましんはなぜ発生するのでしょうか?今回はじんましんについて紹介しますので、参考にしてみてくだしね。

じんましんは、突然発生して、痒みを伴う皮膚病の事ですが、特徴としては、初期は痒みが強く時間がたっていくと紅斑となり、軽度の場合やひどくなってしまう場合と、症状は個人でそれぞれで、いつも同じ症状というわけもありません。

じんましんのメカニズムは、血液中のリンパ球が刺激されることにより、産生するアレルギー抗体が一過性に増えてしまって、抗体が皮膚の肥満細胞に付着して、活性化されてヒスタミンなどの痒み因子を全身の皮膚にまき散らすことが主な病態と考えれらているようです。

■じんましんの原因

・感染症です。感染症は全身の免疫状態を大きく攪乱してしまい、それによりリンパ球が刺激されて、じんましんの誘発に繋がるケースが多いと言われています。下痢や嘔吐を繰り返す細菌性の食中毒や発熱を伴うウイルス感染症は、自覚症状が強くじんまんんとの関連性も推測しやすいと言われているのですが、自覚症状がないので、じんましんに気が付かないこともあり、最近では、胃粘膜に住みついているヘリコバクターピロリ菌が慢性じんましんの原因となっていることが分かっていますが、まだ確定されてはいません。

・体外から侵入したアレルゲンです。昔から食物がじんましんの主な原因と言われていましたが、実はそのようなケースは少ないと考えられています。吸入で侵入する場合もあり、そんな場合には、持続時間は短く、1日程度で消失します。

・薬剤や健康食品です。内服や注射、健康食品などにより投与された薬物でじんましんが出る場合もありますが、頻度は高くないと言われています。

・原因不明のじんましんの場合には、日常的な、疲れや精神的すよレスなどで出る場合もあり、免疫状態は神経とも密接に関連しているので、じんましんとなってしまうこともあります。

じんましんの原因は感染症などがありますし、食物や薬物が強く疑われる場合には、血液検査や皮膚検査を行うことにより、原因を知ることが出来るようになっています。

実際に、アレルギー反応でできるじんましんも多いと言われているので、頻繁にじんましんが出る場合には、一度血液検査を行って、原因を知ることが大切になっきます。

軽度のじんましんは問題ありませんが、重症の場合には、のどなどにもできてしまい呼吸が困難になってしまうケースもありますので、きちんと原因を知っておくことで対策を行っていくことができると思います。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>